徳島市にある、宅老所こころは、その人らしさにこだわりをもち、その人が、生きててよかったと思える空間を目指します。

  宅老所こころとは
  〜出会いを大切にします。〜

   縁あって出会った方が「住み慣れた地域で、その人らしく、安心して、最期まで生活する」
ことを支援します。一人ひとりのニーズ(必要性)は、それぞれ違います。本人、家族に
寄り添い、共に考えていきます。既存のサービスにとらわれず、必要な時に、必要な量の
サービスを提供できるよう目指しています。
   私たちの仕事は、人生に関わる仕事です。利用者の方が「楽しい、生きてきて良かった」と
感じてくださる場面を作ること、家族の方が笑顔でいられること、それが私たちの願いです。
また、その瞬間を共に過ごせることが仕事のやり甲斐となっています。
  宅老所こころの理念
「その人らしさにこだわりをもち、
          その人が生きてきてよかった
                  と思える空間を目指します。」
  宅老所こころの指針
    〜自然と「笑顔」がでてくるような生活作り〜

 『民家ならではの』、家庭の延長上にある生活環境を目指します。
       「ふらっと」知り合いの家に遊びにきたような感覚、いつか来たような懐かしい感覚を
       大切にします。また、あえてすべてをバリアフリー化しないことが、無意識のうちに
       リハビリに繋がっています。

 小規模にこだわります。
       一人ひとりのリズムに合わせたきめ細かな対応を目指します。
       日課はあってないものです。その日の天候、人によって変わります。
       少人数なので、こまわりがききます。

 あたりまえの生活を送ります。
       座って排泄、座って食事、座って普通のお風呂にはいります。
       (一人ひとりのリズムに合わせた対応をします。)

 一人で実現できないことを一緒にやります。
       利用者の方と共にスタッフも楽しみます。(相互関係)

 残存機能を生かした役割づくりを目指します。
       あるがままを受け入れます。今、できること、楽しめることを共に考え、実践します。

 本人、家族の要望があれば、ターミナルケアを行います。
       在宅医(24時間体制)と連携を図っています。

 家族、関係機関との連携を密に図ります。
       本人が穏やかに暮らせるためには、家族の力が必要です。

 地域との交流を大切にします。(町内会での草抜き、秋祭り等)

 ボランティアの方々との交流を大切にします。

 安心、安全な環境を目指しています。
       利用者・地域の方・消防署立会のもと防火避難訓練を実施しています。

             防災対策:スブリンクラー設備・自動火災報知設備・火災報知設備・
                           誘導灯等の消火・通報設備完備
             防犯対策:警備会社への通報設備完備